iphone・カメラロールのファイルを削除する方法とは?

iphone カメラロール 削除方法

 

iphoneではキレイな写真を撮ることができます。そればかりか、高画質な動画を録画することも可能なので、様々な場面でiphoneを使うことができるでしょう。撮ったファイルはカメラロールに入れられ保存することができます。

 

カメラロール内のファイルを削除したい場合や、消えてしまった写真や動画を復元するにはどうしたらよいのか。この点で悩んでいる人が意外にも多いということで、紹介したいと思います。

 

 

iphone カメラロール 削除方法

 

iphoneで写真を撮るとカメラロールへの保存が自動で行われるようになります。そしてiphoneの容量はかなり大きいので、写真のみであれば相当な枚数の画像を保存することができます。

 

しかし、あまりにも写真が増えすぎたり、不要になった写真などがあり、それを消去したい場合もあるでしょう。そんなときは一括削除がオススメです。

 

スポンサーリンク

 

一括削除する場合には、PCとiphoneを接続して削除するという方法と、少々面倒ですがiphoneだけを使って操作する方法がありますので、今回は2種類の方法をご紹介していきます。

 

 

iphoneで一括削除する

 

iphone カメラロール 削除方法

 

この方法は画像数がかない多い場合には面倒です。カメラロール内のファイルがそこまで多くないときには便利に使うことができるでしょう。

 

まずiphoneホーム画面から「カメラロール」を開きます。画面右上にある「編集」をタップして、画像を選択し「削除」をタップすることで消すことができます。

 

当たり前の方法ですが、iphone本体で出来るのはコレが精一杯の方法です。iOS7では日付ごとにまとめて削除できるようになりましたが、枚数が多い場合には面倒という点では共通しています。

 

 

PCを使って一括削除する

 

iphone カメラロール 削除方法

 

カメラロール内を一括削除するにはPCを使うのが一番手っ取り早いです。まずは、PCとiphoneをUSBで接続します。

 

そこまで出来たら、この次からはパソコン操作になりますので、iphoneは一旦置いておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

パソコンの「スタート」メニューから「コンピューター」をクリックします。開くと、「ポータルデバイス」という欄に「iphone」と表示されているので、それをダブルクリックして中身を開きます。

 

その次に「internal storate」から「DCIM」の順番でクリックをしていき、iphoneフォルダ内をPCで表示させるようにしていきます。

 

DCIMの中にはカメラロールに保存されている写真ファイルが入っていますので、それをPC上で表示させたことになります。

 

ここからファイルを全て選択して削除をクリックすれば、一括で簡単に削除することができます。

 

 

間違って消したファイルを復元する方法

 

iphone カメラロール 削除方法

 

iphone内のデータを誤って消したときでも慌てることはありません。PCを使うことで、簡単に復元することができます。

 

それには「iphoneカメラロール 復元」と呼ばれるソフトをダウンロードする必要があります。これは無料で行うことができるので、お持ちのPCに早速上記のワードを検索してインストールしてしまいましょう。

 

インストールができたら、PCとiphoneをUSBで接続し、「iphoneカメラロール 復元」ソフトを起動します。画面に表示されているとおりにiphoneを操作します。

 

すると自動的にiphone内デバイスを検索してくれ、削除されたファイルもずらりと並んでいますので、復元したいファイルを選択して画面右下にある復元をクリックするだけで、消してしまったファイルを復元することができます。

 

この方法は比較的簡単に行うことができるので、削除したけど復元方法が分からないからと諦めてしまった人にオススメです!