iphoneで全く同期できない場合の対策とは?

iphone 同期できない 解決法

 

1人でiphoneを2台持っていなくても、iphoneとiPadやiPodを持っていたり、家族でiphoneを複数台持っていたりということはあり得ますよね?そして、そういう場合でも、自宅にあるパソコンは1台なんてことがあるはずです。

 

そのような場合、パソコンが1台だとiTunesも1つしかありません。もし、そこで通常の手順で同期してしまうとどうなりますか?想像してみてください。

 

1つのiTunesでは、複数のデバイスは同期できないのでしょうか?

 

 

PC1台で複数のiphoneは同期できない?

 

iphone 同期できない 解決法

 

単純に同期をしてしまうと、iphoneとiPadやiPod、1台目のiphoneと2台目のiphoneの中身がみんな同じになってしまいますよね?じゃあ、複数のデバイスを1台のパソコンでは同期できないのでしょうか?

 

もちろん、家庭にiTunesをインストールしたパソコンが複数台あれば話は簡単です。それぞれ別のパソコンを使ってそれぞれのiphoneやiPad 、iPodなどを同期すれば問題なくできるはずです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、4人家族でデバイスを6台などという場合、同じ数だけパソコンが自宅にあるなどとは考えにくいですよね?

 

それなら、やっぱり、パソコン1台では、複数のiphoneやiPad、iPodは同期できないということなんでしょうか?

 

iphone 同期できない 解決法

 

もし、パソコンが1台しかない家庭では複数のデバイスの同期ができないとなると、大変なことになってしまいますよね?

 

例えば、お父さんがiphone4Sを持っていて、娘がiphone5を持っている場合。単純に同期してしまうと、2人のiphoneの中身は同じアプリ、同じミュージック、同じ動画になってしまいます。それではかなり厄介なことになりそうですね。

 

でも、安心してください。実は、1台のパソコン、1つのiTunesでも、複数のデバイスを同期できないわけではないのです。

 

 

iTunesライブラリを利用しよう

 

iphone 同期できない 解決法

 

1台のパソコン、1つのiTunesで複数台のiphoneやiPad、iPodを同期するには、iTunesライブラリを利用します。

 

iTunesライブラリとは、iTunesをインストールしたときに、Windowsだと「マイミュージック」(Macでは「ミュージック」)のところに「iTunes」というフォルダが作られますが、このフォルダの中にある「iTunesMedia」というフォルダのことです。中には、MusicやMovieといったiTunesのデータが格納されています。

 

スポンサーリンク

 

iTunesを起動すると、パソコンはこのライブラリにデータを読み込みに行き、前回の終了時と同じ状態にして起動します。

 

実は、iTunesはこの「ライブラリ」を複数作ることができるのです。つまり、それぞれのiphoneやiPad、iPod専用のライブラリを作っておきさえすれば、それぞれ違ったデータで同期できないわけではないということになります。

 

iphone 同期できない 解決法

 

最初は1つしかないiTunesライブラリですが、追加することで、複数のデバイスに対応できるようになります。ライブラリの追加は簡単な手順でできますので、やってみましょう。

 

まずは「Shift」を押しながらiTunesを起動します。iTunesのライブラリ選択の表示が表れるまで、「Shift」を押しっぱなしにし、表示されたら「ライブラリを作成」をクリックします。続いて「新規iTunesライブラリ」の作成をします。

 

デフォルトでは「マイミュージック」にライブラリがありますが、場所は自由に変更できます。フォルダ名もデフォルトでは「iTunes1」「iTunes2」のようになりますが、わかりやすく変更することが可能です。

 

フォルダ名が決まったら「保存」をクリックします。すると、複数のライブラリができ上がります。

 

できあがったばかりの「iTunes1」にはまだ何も入っていませんが、それぞれライブラリにはそれぞれのデバイスのデータが保存されます。「iTunes1」を選択してiTunesを起動し、そこにiphone-1をつないで同期すれば、それまでのライブラリとデータを分けて使うことができます。

 

 

ライブラリを選んで同期しよう

 

iphone 同期できない 解決法

 

ライブラリが複数になった後、それぞれのライブラリを選んで同期する場合も、「Shift」を押しながらiTunesを起動します。そのときは、「ライブラリ作成」ではなく、「ライブラリを選択」をクリックします。

 

このように、それぞれのデバイスに対応するライブラリを選んでiTunesを起動し、対応するデバイスとつないで同期すると、1台のパソコンでも、複数のiphoneやiPad、iPodを同期できないわけではないのです。