iphone・ボイスレコーダーやボイスメモアプリを活用しよう

iphone ボイスレコーダー ボイスメモアプリ

 

iphoneをビジネスシーンで使う人は多いでしょう。その中でも何かと役に立つのが「ボイスレコーダー」ではないでしょうか?

 

インタビューの文字起こしをする場合や、大事な講演会などを録音する目的で使う場合もあるでしょうし、自分用のメモとして保存しておくこともできるでしょう。

 

様々な場面で便利に使うことができるボイスレコーダーですが、本体に付属されている機能はシンプルで使う場面が限られます。

 

そこで無料のボイスメモアプリが活躍するのです。今回は、付属されているボイスレコーダーの魅力と、もっとも人気のあるボイスメモアプリをご紹介します。

 

 

ボイスレコーダーを上手く活用するには?

 

iphone ボイスレコーダー ボイスメモアプリ

 

iphoneには最初から付いているアプリとして「ボイスレコーダー(ボイスメモ)」があります。

 

ボイスレコーダーとして専用機能を有しているICレコーダーほどの集音性を誇っている訳ではありませんが、簡単なメモや音が拡張する講演会や会議室などでは十分に音を拾うことができるでしょう。

 

会議などの場面では全ての情報を把握しておくことは困難です。

 

そのため、録音という機能を持つことは非常に大事になりますし、仕事やプライベートでも様々な場面で使うことができるでしょう。そんなボイスレコーダーがiphoneではインストールすることなく使うことができます。

 

スポンサーリンク

 

まずはiphoneのホーム画面にあるアプリアイコンから「ボイスメモ」をタップして起動してみましょう。すると録音というアイコンが登場しますから、それをタップすることですぐに録音を開始することができます。

 

iphoneの限界容量まで録音することができるので、長い会議などでも問題なく使うことができるでしょう。ただ、電池消費量は高くなるので、予備のバッテリーなどを持っておくと安心です。

 

iphone ボイスレコーダー ボイスメモアプリ

 

録音に関しては、付属のイヤホンマイクを利用する方法もあります。イヤホンマイクはコントローラー部分にマイクがあり、ステレオマイクを別途購入することでクリアな音質を確保することも可能です。

 

録音を完了したい場合には画面の右下にある「完了」ボタンを押すだけです。一時停止は、画面下部にある赤い丸ボタンです。それをタップすることで停止させることができ、再び押すことで録音を開始してくれます。

 

尚、録音中にホームボタンを押すことで録音を続けた状態で違う作業を行うことができます。バックグラウンドで動き続けてくれるというのはとても嬉しいことですね。

 

元の画面に戻るには録音中であることを示す画面上の赤い帯をタップすればOKです。

 

 

ボイスメモアプリも十分に使える

 

iphone ボイスレコーダー ボイスメモアプリ

 

iphoneで最初から付いているボイスレコーダーアプリは、必要最低限の機能しかありませんので、便利な機能を期待することは難しいでしょう。

 

音楽の録音などをしたい場合などは、ボイスメモアプリをインストールする必要があります。しかし、世の中には実に様々なボイスメモアプリが登場しているので、どれを選んだらよいか分からない場合もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そこでオススメしたいのが、「Recordium」と呼ばれるボイスメモアプリです。無料版と有料版が存在し、無料版では3つのボイスメモしか保存することができません。

 

大量の情報を保存したいという場合には不向きですが、録音時間に制限はありませんので、ひとつひとつを整理してドロップボックス等のクラウドサービスにコピーして消去すればいくつでも録音を続けることができます。

 

iphone ボイスレコーダー ボイスメモアプリ

 

「Recordium」のスゴイところはオーデオ品質を選ぶことができるという点です。そして、起動画面からボタンひとつで録音を開始することができるし、もちろんトリミングを使って録音の質を向上させることもできるでしょう。

 

どんな場面でも使うことができて、無料ですからiphoneにインストールされていても何ら問題はないでしょう。