iphoneが起動しない・電源が入らない場合の対処方法

iphone 起動しない 電源が入らない 対処方法

 

iphoneを使っていて困るのが急に電源が落ちてしまいそのまま起動しないという現象。急用でiphoneをどうしても使わなければならないときに限って発生することが多く、かなり焦ったという人は多いのではないでしょうか?

 

また、気付いたら電源が落ちており、入れようと思って操作しても電源が入らないなんてことも有り得ます。では、起動しないときや電源が入らない場合にはどう対処すればよいのでしょうか?その対処方法について記述していきます。

 

 

起動しない場合の対処法

 

iphone 起動しない 電源が入らない 対処方法

 

iphoneがいつの間にか再起動されていた・・・。こんな経験を持つ人は多いでしょう。これはiphoneだけではなく、android端末でも頻繁に発生する不具合のようでスマホ全体で言えることなのでしょう。再起動をしたからといって壊れているということでは無いらしいので、その点については我慢できます。

 

しかし、iphoneの場合は再起動をしたのに「りんご」マークが表示されてから起動しないという問題に多くの人が悩まされています。何回再起動をしてもりんごマークから先が起動しないということで「リンゴループ現象」と呼ばれているようです。起動しなければスマホとして何の役にも立たないのでどうにかして動かしたいものです。

 

スポンサーリンク

 

こうなった場合には、「リカバリモード」で起動してみるのがひとつの手です。電源を落とした状態でPCとiphoneをUSBで接続します。その際にホームボタンを押しっぱなしにすることを忘れてはいけません。

 

その状態で、PCと接続すると、リンゴマークが出てくるのですが、そのままホームボタンを続けて押しっぱなしにして少し待つと、iTunesへの接続画面に切り替わります。

 

iphone 起動しない 電源が入らない 対処方法

 

iTunesへの接続ができれば「復元」を試してみると良いでしょう。パソコン画面のiTunesにおいて「復元」と書かれたボタンがありますので、それをクリックすれば自動的に復元を行ってくれます。

 

これは不具合が発生した前の段階に戻ることを意味しているのですが、その場合には初期状態になります。バックアップを取っていない場合には、全てのデータが消去されるので、注意しましょう。

 

この復元で、起動しない現象は直ります。もし、復元中に「不明なエラー」が出た場合には、再度違う方法で原因を探ります。一番多い原因は「iTunesのアップデートをしていない」という原因です。

 

どうやらiphoneとiTunesは密接に関係しているようで、iTunesのアップデートが最新バージョンで無いと、iphoneも不具合が発生するようです。アップデートすることで、PCに接続していたiphoneが起動することでしょう。もし、それでもダメな場合にはサポートセンターに連絡しましょう。

 

 

どうしても電源が入らない場合は…

 

iphone 起動しない 電源が入らない 対処方法

 

iphoneで電源が突如として落ちてしまい、入れようとしたら電源が入らないことに気付き慌てた人もいることでしょう。急な出来事ですから「壊れたか?」と不安になってしまいます。しかし、iphoneで電源が入らないという現象は度々見られることですから、対処法を知っておくことが重要になります。

 

スポンサーリンク

 

アップル公式サイトでは、様々な人が抱えている疑問などを答えていくページがあります。そこには当然電源が入らない場合に確認するべき場所の説明が掲載されていますので、電源が入らない場合はパソコン等で見て行ってみましょう。ですが、それでも電源が入らないという事例も数多く報告されています。

 

iphone 起動しない 電源が入らない 対処方法

 

そんな時に一番効果的な方法が「スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に長押し」をすることです。

 

これをやると大抵がリンゴマークが出現するので「リンゴ復活法」と異名を取っているほどです。もし、iphoneで電源が入らない場合には試してみると良いでしょう。