iphoneがフリーズして固まる場合の対処法

iphone フリーズ 固まる 対処法

 

iphoneをはじめとするスマホは精密機器です。ちょっとした衝撃や使い方の変化によって悪化する可能性もあります。それだけ普段から気をつけて扱わなければならず、苦労している人もいることでしょう。

 

iphoneが急にフリーズしたい固まることに随分と悩まされている人もいるのではないでしょうか?特に急ぎで必要なときに限ってホーム画面からアプリが起動されなくなったり、ネットをしている最中に固まることもあります。そんなときはどうすれば良いのかを説明していきます。

 

 

アプリ使用中にフリーズした場合

 

iphone フリーズ 固まる 対処法

 

iphoneの不調には様々な現象があります。たとえばフリーズひとつを取ってみても、アプリを起動している最中に発生したのか、それともホーム画面の状態のまま発生したのかによって対処方法等が変わってきます。もし、それ以外で、たとえば落下の衝撃でフリーズした場合なども考えることができるでしょう。

 

まず、アプリ使用中にフリーズした場合には、アプリを強制終了して再起動をしてみましょう。それでトラブルが再び起こるのかどうかを確認します。

 

もし、フリーズ現象が再度起こった場合にはアンインストールをしてから、再びインストールしてみましょう。こうした単純な行動でフリーズが解除される場合が多いのです。

 

スポンサーリンク

 

アプリの強制終了の方法は、まずホーム画面でホームボタンをダブルフリックし、強制終了したいアプリを長押しします。アイコンが揺れたらアプリの左上に「-」マークが表示されますので、それをタップすることで強制終了ができます。

 

iphone フリーズ 固まる 対処法

 

次にホーム画面のままフリーズした場合ですが、この場合はどうすることもできないので、電源を切ります。しかし、あろうことか通常の電源を切る方法すらフリーズしてしまい、操作を何も受け付けない場合にはお手上げでしょうか?いいえ、それでも強制に電源を落とす方法があります。

 

android端末などは電池パックを外すことで強制終了できますが、iphoneではパックを取り外すことができません。その代りとしてフリーズした場合に役立つ機能「完全強制終了」があります。

 

操作は簡単で、「スリープボタン+ホームボタン」を10秒以上長押しします。これでリセットされますので、再度起動してみましょう。こうすることでフリーズを直すことができるようになるでしょう。

 

 

操作中にいきなり固まる場合…

 

iphone フリーズ 固まる 対処法

 

iphoneを操作していていきなり固まる経験をした人は多いのではないでしょうか?これにも色々と種類がありますが、一番多いのがバックグラウンドで多くのアプリを起動させていることです。ホームボタンを押せばアプリが終了すると思っている人が多く、そうした人が陥りやすいのがこの現象です。

 

スポンサーリンク

 

パソコンでもそうですが、一度の多くのアプリ等を起動させると、iphoneの処理能力が限界に達してしまい、動きが遅くなります。そしてついに固まる行動をとってしまうのです。

 

これではスマホとしての機能を何ら果たさなくなりますので、こうなる前にバックグラウンドで動いているアプリを終了させることが、固まる原因を防ぐ方法として知られています。

 

iphone フリーズ 固まる 対処法

 

まずホームボタンを素早く2回押して、画面を上部にスワイプします。するとバックグラウンドアプリが表示されますので、終了をさせてください。これで固まる原因を取り除くことができるので、快適にiphoneを操作することができるでしょう。

 

iphoneが固まるということは、処理能力が限界に達しつつあるということを意味しています。そうならないためにも常にiphoneの状態をクリーンにしておくことが望ましいでしょうし、メンテナンスをしておくことも重要になります。