紛失しても大丈夫!iphoneを探す方法

iphone 紛失 探す方法

 

自分のiphoneが見当たらないとドキッとしますよね?どこかに置きっぱなしになっているかもしれないのに、もしかしらた紛失したんじゃないかとかなり焦ってしまいます。

 

何しろ、iphoneにはたくさんの個人情報が詰まっていますからね。本当に紛失したのなら、できるだけ早く探すべきです。見つからないと大変なことになってしまいますよ。

 

とりあえず、自宅にいるなら固定電話から、外出先なら誰かの電話を借りて、自分のiphoneを呼び出してみるのが普通の流れでしょう。そこでもし見つかれば、ただの笑い話で済みます。

 

でも、そうでない場合も考えられますよね?万が一そういうことがあった時、何をどうしたらいいのかが全然わからないと慌ててしまいます。ですから、もし本当に紛失したときにも慌てないで済むように、iphoneを探す方法をいくつか覚えておきましょう。

 

 

紛失したiphoneを探すアプリ

 

iphone 紛失 探す方法

 

iphoneアプリの「iphoneを探す」を使って紛失したiphoneの在り処を探す方法をご紹介します。このアプリ版「iphoneを探す」は、当然のことですが、自分のiphoneは使えないので、友人や家族のiphoneを借りて設定します。

 

借りたiphoneに無料アプリの「iphoneを探す」をインストールして、iphoneに紐付けているApple IDのメールアドレスとパスワードを入力します。次に情報を確認しようとしているデバイス、この場合はiphoneを選んでタップします。

 

スポンサーリンク

 

地図に「最後に取得した位置情報」が表示されるので、万が一バッテリーが切れていたとしても、バッテリーが切れた時点にあった場所までは探すことができます。右上の位置情報更新ボタンが移動しているようであれば、紛失したiphoneを誰かが持って移動している可能性があります。

 

WEB版を利用

 

iphone 紛失 探す方法

 

周りにiphoneを持っている人がいないけれど、パソコンならあるという場合には、WEB版の「iphoneを探す」を利用して紛失したiphoneを探すという方法を取りましょう。

 

まずは、WEB版のicloudにログインします。ログインの際には、iphoneに紐つけているApple IDとパスワードを入力します。画面が開いたら、iphoneを探すをクリックします。

 

こちらも地図に「最後に取得した位置情報」が表示されます。WEB版の場合は、iphoneのアプリの時とは違って、航空写真で表示して探すこともできます。地図では紛失した場所をイメージしにくい場合には、航空写真にしてみると探し易くなります。

 

 

iphone捜索サービスで探す

 

iphone 紛失 探す方法

 

ソフトバンクのiphoneユーザーのみが使えるサービスですが、「紛失ケータイ捜索サービス」というものがあります。このサービスを利用すれば、紛失したiphoneのだいたいの位置情報を電話で教えてもらうことができます。

 

だいたいの位置情報というのは、誤差が半径1.5kmぐらい生じる場合もあるというからです。ソフトバンクの携帯からであれば157で、他の電話からなら0800-919-0157でそのサービスを受けることができます。

 

スポンサーリンク

 

ただし、半径1.5kmの誤差はかなり大きいので、「あの店に置き忘れたかもしれない」というような思い当たる節があるときでないと、あまり意味がありません。

 

 

iphoneを探しても見つからない場合

 

紛失したiphoneがどの方法を試しても見つからず、交番にも届いていなかったら、悪用されてむだな料金を請求されるようになる前に回線を止める手続きをしましょう。

 

ソフトバンクのiphoneは、ソフトバンクの携帯から157、他の電話からなら0800-919-0157です。

 

auのiphoneの場合は、お客様サポートセンターで手続きします。au端末からなら113、他の電話からなら0077-7-113です。

 

docomoのiphoneの場合は、紛失・盗難などによるサービスの一時利用中断はすべて0120-524-360で対応しています。

 

このように紛失したiphoneを探す場合は、位置情報を利用します。バッテリーを長持ちさせるために、位置情報をオフにしてしまっていると、紛失した時に探すことができません。万が一のことを考えると、位置情報はオンにしておいた方がよいかもしれませんね。