iphone・リマインダーとカレンダーの使い方を紹介します

iphone リマインダー カレンダー 使い方

 

iphoneは便利な道具として認識されています。仕事でもプライベートでも使えるということもあり、もはや必需品だという人も多いのではないでしょうか?

 

そんなiphoneには、便利なリマインダーという機能が最初から付属されているのですが、多くの人があまり活用していません。

 

それもそのはず、このリマインダーは他のToDoアプリとは扱いが少し複雑でクセがあるのです。しかし、カレンダーよりも使えるということで評判ですので、しっかりと使い方を覚えておく必要があるアプリです。

 

今回はこのリマンインダーについて説明していきます。

 

 

カレンダーの使い方

 

iphone リマインダー カレンダー 使い方

 

iphoneのようなスマホが登場したことによって、スケジュール管理が非常に簡単になったと考えている人は多いのではないでしょうか?

 

一昔前はスケジュール丁にビッシリと予定を入れるのが当たり前でしたが、今ではスマホがあれば気軽に打ち込むだけで完了です。あとはアラーム設定をしておけばその時間になれば通知をしてくれます。

 

こうした「ToDo」系のアプリは多くのビジネスマンや学生などの間で人気となっており、スケジュール帳の代わりを果たすことが可能だとも言われています。

 

そんな中、iphoneに標準アプリとして搭載されているのが「リマインダー」というToDoアプリになります。しかし、ほとんどの人があまり使っていないのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

普通の人であれば「カレンダー」アプリがあれば十分だと考えることでしょう。

 

カレンダーアプリは、指定した時間に近づくとアラームでお知らせしてくれて、なおかつ画面にも表示してくれるので、大事な会議や予定があるときなどはカレンダーに入れるだけですぐに分かるようになります。

 

カレンダーアプリがあることにより、人間関係において大切な約束事などにきちんと忘れずに取り組むことが可能ということもあり、様々な年代の人に愛されているのがカレンダーアプリになります。

 

iphone リマインダー カレンダー 使い方

 

では、リマインダーはカレンダーアプリとは一体どのような点で違いがあるのでしょうか?まず、リマインダーは、実行したらチェックをしてくれるという基本的な「ToDo」アプリであることは説明しました。

 

しかし、リマインダーはこれにカレンダーアプリの機能を併せ持つ今までに無いアプリなんです!

 

たとえば、本屋の近くに来たらリマインダーがアラームを鳴らして教えてくれる。前日あたりに本屋に行く用事があるから、近くになったら教えてくれとリマインダーに登録してくれると、その行動を常にチェックしてくれ、教えてくれるのです。

 

その時は行こうと思っていても、仕事で忙しいと忘れるときはありますよね。そんなときに、リマインダーはとても便利なのです。

 

 

リマインダーの使い方

 

iphone リマインダー カレンダー 使い方

 

ではそんな便利なリマインダーの使い方はどうなのでしょうか?まずはリマインダーアプリを開き新規リストを表示させます。そして画面右側にある「+」アイコンをタップして、新規リストを追加させます。

 

するとリストを選ぶことができます。ここでは「買い物リスト」ということにしておきましょう。買い物リストと入力が完了したら「完了」マークをタップします。

 

スポンサーリンク

 

タイトルの下あたりをタップすると、文字を入力できるバーが出現しますので、ここには「もし○○のときは△△をする」という設定文を入れます。たとえば「もしスーパーの近くに寄ったら卵を買う」という風に入れます。

 

そして、文字の右側にある「!」マークをタップすると詳細情報を入力できます。

 

iphone リマインダー カレンダー 使い方

 

たとえば、該当するスーパーの住所を入力しておくと、その付近に行ったら自動的に察知してくれてアラームで通知が来るようにするということが可能となるのです。

 

また、アラームの範囲を拡大させたり縮小させたりすることも自由自在なので、まさに自分のためだけにある、toDoアプリということがいえます。

 

リマインダーはちょっとクセがあり中々使いこなせていない人もいるかもしれませんが、使い慣れるととても簡単に行動を見直すことができるので、ビジネスパーソンには是非使ってもらいたいアプリです。