iphoneを海外で使用するには必ず機内モードにしておこう

iphone 海外 機内モード

 

iphoneは日本国内の使用を考えて作られているので国内で利用することに関しては、とても便利です。ですが、今やグローバル化が進んでいるので、海外旅行や仕事で海外に出張する人も多いことでしょう。

 

そうした人にとって大切になるのが、「海外でもiphoneを便利に利用したい」です。

 

では、iphoneを海外で賢く利用するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

それには機内モードが重要な役割を果たしています。海外で、iphoneを利用するときの賢い方法について説明をしていきます。

 

 

海外で利用すると請求金額が全然違う

 

iphone 海外 機内モード

 

日本国内では何ら問題なく利用できるiphoneですが、いざ海外に持っていくと困った事態が発生します。それは通信料や通話料が高くなるという問題です。

 

国内に拠点を持つ基地局から発信されている電波をiphoneが受信してインターネットに接続することができています。

 

iphone 海外 機内モード

 

しかし、海外に行けばその電波が届くことはありませんから受信はされません。

 

しかし、最近のiphoneは自動的に海外の基地局の電波をキャッチしてネットできるような仕組みになっていますので、問題なく海外でもネットを利用することができます。

 

スポンサーリンク

 

しかし、日本の定額制で加入している通信環境ではありませんから、ネット使用料金が高くなり請求金額を見て仰天してしまう人もいるでしょう。これは通話に関しても同様のことが言えます。

 

つまり、海外で日本と同じ感覚でインターネットに接続してしまうと、後日驚きの請求金額を突きつけられることが考えられますので、気をつける必要があります。

 

 

海外でインターネットを無料で使うのがお得

 

iphone 海外 機内モード

 

海外旅行に行くときでも気になるのがSNSの確認ですね。連泊が予想される海外では、ネット環境が構築されていない場所では、SNSやメールの確認などをすることができません。

 

しかし、最近のホテルではWi-Fiが付いている場合が多いので、そうした場所ではネットを利用することができます。

 

スポンサーリンク

 

ここで大切になるのが「機内モード」です。iphoneでは「設定」アプリをタップすることで、機内モードにするかどうかを選択できます。

 

機内モードをオンにしておくことで、海外で勝手に通信を開始することがありません。その代りに、一切の通信をすることができないので、ネットに接続することができなくなります。

 

ところが、ホテルなどのWi-Fiに対応している場所では、「機内モード」をオンにしたまま、Wi-Fiをオンにすることで無線LANを使ってネットに接続することができます。

 

とはいっても、国内で使用できるほど通信環境は良くないので、そこまで高速ではありません。容量の重い写真などを送るときには時間がかかってしまいますが、サイト閲覧程度であれば問題はありません。

 

 

データローミングがオフになっていることを必ず確認!

 

iphone 海外 機内モード

 

iphoneを海外で使いたい場合に避けたいのが「勝手に有料通信をしていた」という事態です。

 

これは「データローミング」がオンになっていると発生するものになりますので、海外に行く前にデータローミングがオフになっているかを必ず確認するようにしましょう。

 

最初の設定ではオフになっているのですが、知らない間にオンにしている可能性もあります。

 

データローミングさえいじらなければ、海外での通信料金は0円のままになります。モバイルデータ通信をオフにするという方法もありますが、それも間違いではありません。

 

しかし、データローミングをオフにしておけば、間違いなく海外で余計な通信をしなくなりますから、高い料金が発生することはなくなるのです。