iphoneの壁紙のサイズ設定が上手くできない場合の対処法

iphone 壁紙 サイズ設定 対処法

 

iphoneではガラケーとは毛色が違うということもあり、待ちうけ画面を種類豊富に変更することができません。そのため、他のiphoneユーザーとの差別化を図ることができずに、自分独自の特色を出しにくい環境にあることは否めません。

 

そんな中においても、iphoneの壁紙のサイズを変えることで様々な画像を待ちうけとして採用することができるのです。その設定方法について説明をしていきます。

 

 

壁紙の設定が上手くできない場合…

 

iphone 壁紙 サイズ設定 対処法

 

iphone5やiOS7は待ちうけ画面が上手く設定できないということで悩んでいる人がとても多いのです。iOS7標準仕様は本体の傾き具合で背景が微妙に動きます。この動きが繊細なので、画像を通常よりも少しアップさせて表示することになります。すると当然のことながら画面内に画像が全て収まりません。

 

設定としてはジャストフィットするサイズにしてあるのだから当然といえば当然ですが、画像がしっかりと入っていないとちょっと残念に感じることもあるでしょうし、見栄えとしても決して良いものではありませんね。

 

本体をまっすぐにした状態だと画像の四隅が切り落とされて表示され、元の画像を拡大しているので画質も少し荒いものになっているのです。

 

スポンサーリンク

 

これでは他人に待ちうけを見られたときに恥ずかしい思いをしますし、自分自身としても納得することが当然のことながらできません。しかし、コレを解決する方法が見当たらないので、仕方ないから不細工な待ち受け画面で我慢している・・・。

 

でも、解決方法はあるんです!もう悩まなくても大丈夫、とても簡単な設定ですから誰でも行うことができるので、教えていきます。

 

iphone 壁紙 サイズ設定 対処法

 

まず、iphoneをホーム画面表示させます。そこから「設定」アプリを開いてもらい、様々な項目が表示されますが今回使用するのは「一般」になりますので、「一般」をタップして別画面を表示させます。

 

「一般」メニューの中から「アクセシビリティ」をタップし「視差効果を減らす」をオンに設定します。なにやら難しい言葉が出てきましたが、とにかく、この部分をオンに設定するのです。

 

「視差効果を減らす」にした後に、もう一度壁紙の設定を行います。ここで壁紙の設定を行わないと変更されないので注意をしてください。設定から、「壁紙/明るさ」選択して、壁紙にしたい画像を選択するようにしてください。

 

これで不細工な壁紙がウソのようにキレイになっていることでしょう。とても簡単な方法ですから、試してみる価値はあります!

 

 

壁紙のサイズを変更するには?

 

iphone 壁紙 サイズ設定 対処法

 

上記の項目で説明した壁紙アップを解決する方法ですが、これを使わずともサイズを変更させることができます。まずは、カメラロールを開いて壁紙にしたい写真を決めたら画面を一度タップします。

 

タップして少しすると、上下のバーが消えるので、消えた状態でスクリーンショットを撮ります!スクリーンショットは本体上部の「オン/オフ」ボタンとホームボタンを同時に押せば撮れます。

 

スポンサーリンク

 

スクリーンショットが撮れたらカメラロールのアルバムに保存されているので、壁紙の設定をして掲載手続きをとります。

 

まずは「設定」から「壁紙/明るさ」をタップして、先ほど撮ったスクリーンショットの写真を選択します。すると拡大や縮小をすることができるので、サイズを変更させることに成功できます!

 

iphone 壁紙 サイズ設定 対処法

 

これで確定しても、待ちうけ画面の一番下にやはり空白が生じてしまうことがあります。これを直すには上記の項目でも説明した「視差効果を減らす」をオンにする必要があるでしょう。

 

これらの機能を使うことで、待ちうけ画面のサイズを変更させることができるだけでなく、すこしアップしてしまう待ちうけ画像の設定をすることもできるので、とても便利です。