iphone・辞書登録機能を使ってオリジナル顔文字を登録しよう

iphone 辞書登録 顔文字登録

 

iphoneは小さなパソコンを持ち歩いているような感覚になるほど多機能であり、ビジネスでもプライベートでも欠かすことのできない道具として認識され始めています。

 

メールやSNSなど文字を打つ頻度が劇的に多くなってきている現在において、辞書登録機能はもはや必需品です。

 

名前などの固有名詞は一発変換をすることがあまりにも少ないのが現状です。しかし、iphoneには辞書登録機能があるので、お好みの文字や顔文字などを登録させることができます。

 

今回は、辞書登録方法についてご紹介をしていきます。

 

 

辞書機能の使い方

 

iphone 辞書登録 顔文字登録

 

iphoneでは本体の設定で辞書登録を行うことが可能です。

 

最近は、アプリを使って登録することが多くなってきているのですが、辞書登録に関しては出荷当時の状態から付属されている機能となりますので、アプリ等をインストールする必要はありません。これだけでも、誰でも簡単に使うことが可能だと感じてもらえると思います。

 

まずは、iphoneのホーム画面を開きます。そして「設定」アプリをタップしてもらい、メニュー項目にある「一般」を選びます。

 

すると一般と書かれた画面が表示されますので、その中にある「キーボード」という項目をタップするのですが、最初の画面には表示されていないのでスクロールをしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

「キーボード」を開くと「ユーザー辞書を編集」という項目がありますので、それをタップして別画面を開きます。ユーザー辞書画面が開くと画面の左右に選択できる項目があります。

 

左側には「キーボード」右側には「+」アイコンがあるのですが、今回は「+」アイコンを選択して単語を入力できる画面を表示させます。

 

iphone 辞書登録 顔文字登録

 

単語には登録したい単語を入力し、よみは単語の読みをひらがなで入力します。登録したい項目が埋まりましたら画面の右上にある「保存」ボタンをタップするだけで完了です。

 

すると最初の「ユーザー辞書」という画面に戻りますが、この欄にさきほどまでは空白だったところに、辞書登録した単語が表示されるようになります。

 

これで、自分が辞書登録した単語を変換すると、任意に指定した文字への変換が可能となるのです。

 

この方法は誰でも簡単に行うことができるので、固有名詞など頻繁に変換をするという単語がある場合には是非活用してみてください。

 

 

辞書機能を使って顔文字を登録しよう

 

iphone 辞書登録 顔文字登録

 

iphoneでは辞書登録を行うことができるのを、上記の項目で説明しました。ここでは、その応用編として辞書登録機能を使って顔文字を登録してみることにしましょう。

 

こちらも操作はとても簡単なので一度覚えてしまえば、あとは簡単に活用することができます。

 

方法としては、上記の項目のように「設定」アプリから、「一般」を選んでもらい「キーボード」を選択します。その後「ユーザー辞書を編集」をタップして単語とよみを入力する欄にまで行きます。

 

ここで登録したい顔文字を入力して、よみを入れるだけで顔文字を登録することができてしまうのです!

 

スポンサーリンク

 

しかし顔文字をコピーして自分で貼り付けたり、さらにはひとつひとつの記号を入力しなければならない可能性もありますよね。それでは時間がかかってしまい大変になるので、もっと簡単な方法があればそちらを優先したいものです。

 

iphone 辞書登録 顔文字登録

 

実は、iOS7のiphoneであればもっと簡単に辞書登録を行うことができるのです!

 

その方法はとても簡単です。たとえば気になる顔文字をサイト等で見つけることができたら「全選択」から「辞書登録」という項目をタップすれば、いきなり「ユーザー辞書」という欄にまで飛ぶことができます。あとはよみを入力すればできあがり!

 

とても簡単に辞書登録をすることができるので、iOS7を使っている人は全選択からの辞書登録の方法を選択したほうが簡単です。