iphone・bluetoothを使って車の中で音楽を聞く方法

iphone bluetooth 車音楽 

 

iphoneは音楽プレーヤーとしての機能も持っており、音質がとてもクリアで洗練されており操作性も優れていることもあり多くの人が利用しています。自宅や通勤、通学時に利用して便利だなーと感じている人もいることでしょう。

 

そんなiphoneですが、車の中でカーステレオを通して音楽を流す方法があることをご存知でしょうか?

 

それにはbluetoothを使う方法と、使わない方法があります。どちらも簡単に接続することができるので、説明していきます。

 

 

bluetoothを使わずに音楽は聴ける

 

iphone bluetooth 車音楽 

 

最初に説明するのは、bluetoothを使わないでカーステレオにiphoneの音楽情報を流して聴く方法になります。

 

まずは、カーオーディオに「USB端子」がついている場合には、Lightning・Dockケーブルで接続するというのがベストな方法です。

 

最新のカーオーディオやカーナビの多くは、iphoneに対応した「USB端子」が取り付けられます。このUSB端子は、ほとんどの場合オプション品として販売されています。

 

スポンサーリンク

 

しかしながら、お持ちのカーオーディオの機種によって適合するケーブルは違っていますし、機器を取り外して配線する必要もあったりと、USB端子の取り付け方は一般の人にとっては敷居が高い方法になるでしょう。

 

もし配線の種類や方法が分からない場合には、車屋さんで聞くなどして対応をしてもらったほうが良いでしょう。

 

iphone bluetooth 車音楽 

 

最初に説明した、Lightning・Dockケーブルというのは接続端子の違いになります。Lightningはiphoneが第5世代以上の場合に用いるもので、Dockケーブルは第4世代以下の場合に用いるのです。

 

 

USB端子がない場合は…

 

iphone bluetooth 車音楽 

 

では、カーオーディオに「USB端子」がそもそもついていない場合にはどうしたら良いのでしょうか?その際に利用するとよいとされているのがミニプラグケーブルで接続するという方法です。

 

iphoneの音楽を聴くときは、カーオーディオを「AUXモード」にする必要があります。大抵のカーオーディオには「AUX」があるので、この方法を使うことで、iphoneを使って車の中で音楽を聴くことができるようになるでしょう。

 

それでもAUXが無い場合も当然のことながら考えることができますね。そんな時に用いるのが「FMトランスミッター」を使用するのがよいでしょう。

 

「FMトランスミッター」は、iphoneの音楽をラジオに使用されている電波で発信させる機器です。

 

スポンサーリンク

 

発信された電波は車のラジオが受信し、車のスピーカーへと音楽が出力されていきます。市販されている商品をシガーソケットに指すことで電力が供給され、機器を動かすことができます。

 

後は、周波数を合わせるだけで音楽を聴くことができるのです。

 

 

bluetoothを使って車の中で音楽を聴こう

 

iphone bluetooth 車音楽 

 

カーオーディオをbluetoothを使ってiphoneからの音楽を聴くには、当然bluetoothに対応しているカーオーディオが無ければお話になりません。

 

最新のカーオーディオやカーナビではbluetoothに対応している機器が多くなってきましたので、あとは簡単に設定をするだけで音楽を流すことが可能でしょう。

 

しかし、まだまだbluetooth非対応のカーナビやカーオーディオを使用している人は多いでしょう。そんなときは車載用外付け「bluetoothレシーバー」を用いるのが最良な方法となります。

 

シガーソケットに指すことで電力を供給されるので、レシーバーがしっかりと起動します。

 

これがbluetoothの受信アンテナになってくれますので、あとはiphoneとリンクさせるだけで音楽をカーオーディオから流すことが可能となるのです。