パソコンに同期すると、iphoneの中に音楽を転送できる?

パソコン 同期 iphone 音楽転送

 

iphoneはipodという音楽再生機器が進化して誕生したといわれているので、音楽再生プレーヤーのクオリティは他を圧倒するものがあります。

 

音質から操作性にいたるまで、スマホというよりも音楽再生プレーヤーを持ち歩いているような感覚にすらなるのです。

 

しかし、購入当初はミュージックアプリを開いても中身はカラっぽです。当然といえば当然ですが、ここから音楽をiphoneの中に入れていかなければなりません。

 

それをするには、転送や同期といった作業が必要になりますので、その方法について説明していきます。

 

 

パソコンから転送して音楽を入れよう

 

パソコン 同期 iphone 音楽転送

 

iphoneに曲を入れるには、パソコンから転送させる方法が一般的です。それをするには、iTunesがパソコンにインストールされている必要があります。

 

まずは、パソコンとiphoneをUSBで接続します。iphoneを購入したときに付属としてついてくるUSBを利用すれば問題なく接続ができます。

 

接続が完了したら、iTunesを開きます。すると、画面左側の「デバイス」のところに「iphone」と表示されますので、クリックします。

 

もし左側に「iphone」が表示されないということでしたら「表示」から「サイドバーを表示」をクリックしてください。そすると、iphoneを選択することが可能になります。

 

スポンサーリンク

 

iphoneをクリックしたら、画面上のほうにある「ミュージック」をクリックします。続けて「音楽を同期」の部分のチェックボックスにチェックを入れます。

 

「ミュージックライブラリ全体」をチェックすると、マイドキュメントのマイミュージックに収められている曲全部がiphoneに転送されます。

 

パソコン 同期 iphone 音楽転送

 

なお選択した曲だけを転送したい場合は、「選択したプレイリスト、アーチスト、アルバム及びジャンル」のほうにチェックを入れ、iTunesの左側の「ライブラリ」の「ミュージック」をクリックし、転送したい曲のみチェックを入れてください。

 

ただし、正しいiphoneの曲の管理方法はすべての曲を転送し、聞きたい曲をプレイリストを作成して聞く。というのが一般的なので、全ての曲を転送しても問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

曲は1曲あたい4〜10MB程度なので、1000曲で10GBくらいになります。iphoneの容量はだいたい16〜64GBなのでかなりの曲数を入れることが可能となります。転送を多くしてもiphone的には何ら問題はないでしょう。

 

ここまで出来たらいよいよ転送を開始します。画面にはiTunesの下にiphoneに曲を転送したあとの容量の様子がわかります。その右横にある「適用」をクリックすることで、iphoneへ曲の転送が始まります。

 

 

音楽もバックアップとっておこう

 

パソコン 同期 iphone 音楽転送

 

iphoneの音楽をパソコンに同期させることも可能です。上記の項目では最初にパソコンで音楽情報を蓄積させ、それを転送という方法を使ってiphoneに送る方法を説明しました。

 

この項目では、iphoneにある音楽情報をパソコンに同期させ、バックアップを取る方法について説明をしていきます。

 

パソコン 同期 iphone 音楽転送

 

まずは、iphoneとパソコンをUSBで接続します。この後はパソコン(windows)での操作になります。スタートメニューから「コンピューター」をクリックします。

 

そして画面の下にある「iphone」をダブルクリックし、「internal storage」をクリックします。そうすると、iphone内部の情報データベースへアクセスすることができます。

 

ここから同期(コピー)したい曲を探して、デスクトップ等にドラッグ&ドロップします。

 

こうすることで同期することができますので、iphoneのデータが全て吹き飛んだという問題が発生したとしても慌てることなく、パソコンのiTunesを使ってiphoneへ転送することができます。