iphoneが重い?キャッシュやクッキーを削除して軽くしよう

iphone重い キャッシュ クッキー 削除

 

iphoneを使用し続けていると「なんだか重くなった?」や「以前よりもネット接続や操作に俊敏さを感じなくなったなー」と疑問や不満を感じている人は多いのではないでしょうか?

 

これって実は、iphone内部で目に見えないゴミが蓄積されていて、動きを阻害している可能性が考えられるのです。

 

それらはキャッシュやクッキーと呼ばれるものですが、これを削除することができれば快適な出荷当時のiphoneに戻せる可能性が高くなります。

 

iphoneでキャッシュやクッキーを削除する方法について説明していきます。

 

 

キャッシュを削除する方法

 

iphone重い キャッシュ クッキー 削除

 

1年以上もiphoneを使い続けているとネットが途中で落ちてしまったり、動きが重く操作性に不満を感じてしまうこともあるでしょう。その時の改善策として役立つだろうといわれているのが「キャッシュの削除」になります。

 

しかし、他にも理由が考えられるので、これをすれば絶対に軽くなる!とは言い切れませんのでご注意ください。

 

ではキャッシュの削除方法ですが、まずはiphoneをホーム画面にさせます。そして「設定」アプリを開いてもらい、やや下にスクロールしたところにある「safari」をタップします。

 

そこをタップすると画面が切り替わり画面の真ん中あたりに「履歴を消去」「クッキーを消去」「キャッシュを消去」とありますので、「キャッシュを消去」をタップすることで、確認画面が表示されます。

 

ここでOKをタップするとキャッシュの削除に成功します。

 

iphone重い キャッシュ クッキー 削除

 

しかし、この方法を選択することでいつも見ているお気に入りのサイトを開く速度が、遅くなるかもしれないというリスクが発生することを覚えておきましょう。

 

そもそも、キャッシュというのは履歴と似ていて、サイトの情報を一時的に端末に保存したときに発生しているメモリになります。

 

スポンサーリンク

 

これは、再度同じページを開こうとしたときに、元となるページに変更が無い場合には素早くメモリを参照してページを開く仕組みになります。

 

ということはキャッシュを消すことは、本体に保存されているサイト情報を全て失うことになり、一からダウンロードをしなおさなければなりません。ということは、そのダウンロードの時間だけページを開く速度が遅くなるのです。

 

キャッシュを削除することで、メモリを軽くすることが可能なので、ネット接続がより快適にできる可能性もありますが、デメリットも把握しておき総合的に判断できるようにしましょう。

 

 

次はクッキーを削除しよう

 

iphone重い キャッシュ クッキー 削除

 

iphoneでキャッシュを削除する方法を上記の項目で説明していきました。今度は、クッキーを削除する方法について説明していきます。

 

クッキーを削除することで操作性に快適なものを提供することが可能となりますので、「最近ネットが重いなー」と不満な人は覚えておいて損はないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まず、iphoneをホーム画面に設定します。その後「設定」アプリを開いてもらい、「safari」をタップします。

 

すると画面が切り替わりますので、そこで「クッキーの消去」を選択すれば、クッキーの情報を端末メモリから消すことができます。あまりにも数多くのクッキーを溜め込みすぎるといつの間にか、本体に負担をかけさせることになるのでオススメはできません。

 

iphone重い キャッシュ クッキー 削除

 

さらに、クッキーは溜めすぎるとセキュリティ上でも問題が発生する可能性があります。クッキーはサイト側が誰が来たのかを把握するために保存するデータになります。

 

たとえば、会員登録をしたサイトに再びきたときには、以前入力したアカウント情報が自動的に書き込まれていますよね。あれこそ、まさにクッキーのおかげです。

 

そのため、いちいちIDやパスワードを入力する必要がない一方で思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、クッキーの溜めすぎには注意したほうが良いでしょう。