iphone・画面を撮影して様々なことに活用しよう

iphone 画面 撮影

 

ガラケーの基本的な機能として「画面メモ」がありました。

 

気に入ったページや頻繁にアクセスする可能性のあるサイトなどは一旦画面メモに保存しておきます。すると好きなときにそのページに表示されているページを確認することができるので、かなり重宝していた人も多いようです。

 

しかしiphoneをはじめとするスマホには、残念ながら画面メモのような機能は付いていません。そのため、一旦気にいったサイトを見つけたらとりあえずブックマークしておくことが望ましい選択になります。

 

ですが、常にそればっかりをしている訳にもいきませんし、どうにかして画面に表示されている情報を保存したいと考えることも多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そんな時に使えるのが「画面撮影機能」です。iphoneでは最初からの機能として、画面を撮影できるものがあります。

 

画面メモとはまた違った機能になりますが、写真として保存できるので、もちろん圏外のような場所でも電源が入っているのであれば、すぐにでも確認できるのでかなり便利です。

 

 

iphoneで画面を撮影する方法

 

iphone 画面 撮影

 

まず、画面を撮影するというのは一体どういうことなのでしょうか?まず、ホーム画面を開いてみましょう。

 

そこには自分がインストールしたものや最初から入っていたアプリが表示されているはずです。それをタップすることで、メールなり電話、さらにはSNSに入ることができます。

 

iphone 画面 撮影

 

画面を撮影するということは、このホーム画面のように現在表示されている画面を、写真として保存するということを指します。

 

たとえば、ホーム画面の状態を撮影した場合には、写真アプリの中にあるアルバムへ写真がしっかりと保存されています。

 

これを使うことで、サイトの情報を画面いっぱいに映し出し、それを撮影することができれば、まさに画面メモのような機能を使うことができるようになるのです。

 

 

最初からついている機能を活用しよう

 

iphone 画面 撮影

 

では、具体的にどうすれば画面を撮影することができるのでしょうか?ここでお伝えするものは、アプリをインストールする必要はありません。

 

iphoneであれば最初からついており、誰でも簡単に使うことができるスグレモノです。

 

まずは、ホームボタンを押します。ここで大事なのが押しつづけるということです。ホームボタンを押したまま、電源ボタンを押します。すると画面が白く光、「パシャリ」と撮影された音がするはずです。

 

これで撮影は終了で、あとはアルバムの中にホーム画面が撮影された画像が保存されているハズです。

 

スポンサーリンク

 

たったこれだけの手順で画面を撮影できるのだから驚きですよね。注意点としては、サイトを撮影したときには、画面に表示されている範囲しか保存されていないということです。

 

必要な情報が画面に入っていることを確認してから、撮影をする必要があるでしょう。

 

さらに、マナーモードにしていても「カシャリ」という撮影音は出てしまいます。音もだいぶ大きいということもありますから、電車内など誤解されやすい場所では撮影するのを控えたほうが良いかもしれません。

 

iphone 画面 撮影

 

アプリで「画面メモ」と呼ばれるものがあります。これは、画面を撮影というよりかは、サイトの情報をページ保存するような機能でありガラケーの時の画面メモを忠実に再現し、さらに便利な機能をつけている優れものです。

 

残念ながらホーム画面の撮影に使うことはできませんが、サイトのページを保存したいというときは「画面メモ」というアプリを使ってみるのが良いかもしれません。

 

iphoneにはまだまだ知られていない便利な機能が数多くついていることでしょう。それらを上手く組み合わせることで、誰にもマネできない自分だけのiphoneを持つことができることでしょう。