iphoneの正しい電源の切り方について

iphone 電源 切り方

 

iphoneを操作していて急にフリーズして、どのボタンを押しても画面をタップしても動かなくなってしまうことがたまにあります。頻繁ではないのが救いですが、こうなったらどうすることもできません。

 

他のスマホのように電池パックを外すことが、iphoneでは出来ませんので、違う方法でシャットダウンをしなくてはならないのです。

 

では、どうすればフリーズしたときに電源をシャットダウンすることができるのか、その切り方について説明していきます。

 

 

正しい電源の切り方とは?

 

iphone 電源 切り方

 

まずはiphoneの通常の電源の切り方について見ていきます。フリーズも何もしていない場合には、電源ボタンを押しつづけることで、画面に「シャットダウン」という選択肢が表示されますから、素直にタップすることで電源を切ることができます。そして、充電が0%になれば、当然ですが電源は自動的に切れます。

 

フリーズしてしまった場合の電源の切り方ですが、ひとつの方法としては充電を完全に0%にするまで待つという方法です。こうすればフリーズをさせるだけのエネルギーが無いわけですから、必然的に電源は切れます。実はフリーズの一因を担っているのがバッテリーの劣化だと言われているのです。

 

スポンサーリンク

 

バッテリーの劣化は充電と放電を繰り返していると発生するのですが、完全放電(充電残量0)にならずに再び充電をすると、バッテリーの劣化進行が早くなるとも言われていますので、完全放電が終わってから、完全充電をしてその繰り返しで使い続けるというのが一番のフリーズ対策になるようです。

 

iphone 電源 切り方

 

充電が0になるまで待つことができない場合もあるでしょう。フリーズしたままでiphoneが使えないと不便で生活に支障がでる!というヘビーユーザーはフリーズしたらすぐにでも再起動したいと考えるかもしれません。その時に使えるのが「強制終了」というものです。

 

これはバッテリーにダメージを与える恐れがあるので、できるだけ使用を控えるのがベストですが、時と場合によってはそんなこといってられませんからね。使用したいと思う人のほうが多いでしょう。

 

方法は簡単で、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しすることで、強制終了することができます。フリーズしていてもまったく関係はありません。

 

 

電源を切る別の方法とは?

 

iphone 電源 切り方

 

上記はフリーズした場合の電源の切り方をメインにして説明していきました。この項目で紹介するのは、強制終了時に使う「電源ボタン」がまったく機能しなくなった場合の電源の切り方になります。

 

「え、そんなの無理なのでは?」と考える人のほうが多いことでしょう。しかし、iphoneには隠された素晴らしい機能が存在しているのです!それがアクセシビリティです!あまり聞きなれた言葉ではないから覚えるのが大変かもしれませんね。ですが、操作方法を覚えておけば、とても便利に使えるものです。

 

スポンサーリンク

 

まずは、ホーム画面に戻り「設定」から「一般」を選び項目の2ページ目にある「アクセシビリティ」をタップします。そこで「assistive touch」という項目がありデフォルトではオフになっているのですが、ここをオンにして設定を完成させます。

 

iphone 電源 切り方

 

そしてホーム画面に戻ってください。するとアプリが並んでいるところに白くて丸いアプリみたいなものが表示されているハズです。これは、ホームボタンや電源ボタンをタップすることで操作ができる便利アイコンなのです!

 

ためしに、タップしてみてください。すると画面に色々と選択肢が現れていることが分かるでしょう。そこで「ホーム」という項目をタップすると、ホームボタンを押したような設定をすることができます。

 

ここまで書けば分かるように、電源ボタンに相当する項目をタップすることで、電源を切ることもできるのです。

 

電源ボタンが壊れてどうすることもできない場合には、タップすることでボタンの役割を果たす、アクセシビリティを是非有効活用してみてください!