電池の表示が重要!iphoneのバッテリー寿命を延ばす充電方法

iphone 電池 バッテリー寿命を延ばす

 

iphoneユーザーの中には、電池がすぐ切れて困るという人がかなりたくさんいます。ただし、そう言いながらも、iphoneの機能が充実しているせいでつい使いすぎてしまい、充電が持たないだけだと思っていることが多いようです。

 

でも、本当にそうなのでしょうか?実際はバッテリーの劣化が進んでいるのかもしれません。

 

普段何気なくやっている充電の仕方が、バッテリーの寿命を短くしている可能性もあります。電池の寿命を長引かせる方法はないのでしょうか?また、バッテリーの残量が一目でわかるような残量の表示の仕方はないのでしょうか?

 

残量が一目でわかるようになれば、ベストなタイミングで充電することができます。バッテリー寿命を延ばす充電の仕方を調べてみましょう。

 

 

こんな充電はNG

 

iphone 電池 バッテリー寿命を延ばす

 

iphoneに使われているバッテリーはリチウムイオンポリマー電池という種類の高性能充電池です。バッテリーは長時間使われ続けることで劣化するのが普通ですが、環境によっては、更に電池の劣化が早められてしまいます。

 

よくやりがちなのが、長時間フル充電にし続けること。電池マークの表示が満タンを示していないと不安になるためか、常にアダプターにつないで充電し続けているような人もいます。

 

スポンサーリンク

 

逆に、バッテリーが切れた状態で放ったらかして、アダプターをつないでも表示が出ないほど完全に放電させてしまう人もいます。完全に空っぽなまま長時間放置するのも、バッテリーの寿命を縮めます。

 

しかし、一番よくないのは、フル充電に近い状態での継ぎ足し充電です。電池マークの表示がちょっと欠けると不安になって継ぎ足ししがちですが、これが最もバッテリーの寿命を縮めてしまう充電の仕方です。やらないように気をつけましょう。

 

 

電池残量は%表示させること

 

iphone 電池 バッテリー寿命を延ばす

 

iphoneでは、初期設定のままだと、電池マークで電池残量が表示されます。しかし、電池マーク表示だと、細かい残量がわからず不便です。電池残量は%表示にしておいた方が便利なので、%表示にしておきましょう。

 

設定手順は、ホーム画面より設定を選び、一般のところの「使用状況」をタップして、バッテリ残量の項目を選びます。そこでオンに切り替えれば、バッテリー残量の表示は数字に変わります。

 

スポンサーリンク

 

電池マークの表示でも残量が全くわからないということはありませんが、マーク表示だけで見ていると、急に充電がなくなったように感じたり、どのくらい減っているのかを把握しにくかったりします。%表示に替えて数字化しておくと残量が一目瞭然で、充電のタイミングがつかみやすくなります。

 

 

不具合が起こる例

 

iphone 電池 バッテリー寿命を延ばす

 

iOS7以降のバージョンを搭載したiphoneで、表示の上ではバッテリー残量が20%程度残っていると出ているにも関わらず、突然電源が落ちるという話がTwitter上で多くみられます。つまり、電池残量がほぼ0に近い状態になっているにもかかわらず、残っているかのように表示されてしまう誤表示の報告です。

 

そのような場合は、対策として、リチウムイオン電池の「リフレッシュ」をしましょう。リチウムイオン電池にはコンピュータチップが内蔵されているため、コンピュータの制御が誤差を生じ始めると、容量より少ない充電量で満タンと判断するようになります。その誤差をリセットするために行うのが、リフレッシュという作業です。

 

リフレッシュの手順としては、まず、iphoneをフル充電した後充電ケーブルをつないだまましばらくおきます。次に、充電ケーブルを外したら、バッテリーの残量が0になるまで完全に使い切ります。バッテリーが切れたら、しばらくそのまま置いておき、その後再度充電するという方法で改善します。

 

このリフレッシュは数か月に1回程度するのが目安です。充電池をできるだけ長持ちさせて、快適にiphoneを使えるようにしておきましょう。