iphoneから消えた写真を復元する方法

iphone 写真 復元方法

 

旅行先やイベント会場で、iphoneを使って写真を撮っていたらたくさん撮りすぎてしまったなどという経験はありませんか?そのような時、要らない写真を消して空き容量を増やそうとしますよね?

 

でも、そんなときやりがちなのが、うっかり必要な写真まで消してしまうということ。思い入れのある写真を消してしまった時などは慌てますし、しばらく落ち込みます。そして、何とか復元できないものかと思うはずです。

 

万が一iphoneから大事な写真が消えてしまった時にも、復元の仕方がわかっていれば慌てずに済みます。今回は、iphoneから消えてしまった写真を復元する方法をご紹介しましょう。

 

 

iCloudで写真を復元しよう

 

iphone 写真 復元方法

 

残したかった写真を誤って消してしまったときに慌てないようにするためには、あらかじめiCloudフォトストリーム機能を利用しておくことをお勧めします。フォトストリームを使えば、iphoneから一度消してしまった写真も簡単に復元させることが可能だからです。

 

設定手順は極めて簡単。設定からiCloudを選択し、フォトストリームをオンにするだけです。これだけで、消してしまった写真を復元させるための下準備が出来上がりました。

 

スポンサーリンク

 

フォトストリームをオンにすると何が変わるかと言うと、その以降に撮った写真が自動的にフォトストリーム内に保存されるということです。つまり、iphoneのカメラロールの中にある写真を誤って消してしまった場合にも、フォトストリームに格納されている写真を引っ張り出してきて復元させてやればよいということになります。

 

写真の復元手順ですが、まずはiCloud からフォトストリームフォルダへ行き、カメラロールからは消えた必要な写真をその中から探し出します。その後、復元させたい写真を選んで保存を押すと、それだけでiphoneのカメラロールに写真が戻ります。ただし、元々の場所に戻るわけではなく、一番最後に追加される形で写真が復元されます。

 

とはいえ、フォトストリームに格納できる写真の上限数が1000枚、保存期間が30日間であることを忘れてはいけません。

 

つまり、フォトストリームからカメラロールに復元可能な写真は、30日以内に撮ってフォトストリームに入った写真か、直近に撮影された1000枚以内に限られるということです。それ以前の写真は、この方法では復元できないので、別の方法を探すことになります。

 

 

復元するツールを使おう

 

iphone 写真 復元方法

 

iphone3GS以降のiphoneであれば、データをスキャンすることで消えてしまった写真を復元することが可能です。ただし、「iOSデバイス」または「iTunesと同期しているiTunesバックアップファイル」からiphoneデータをスキャンするというのが条件になります。

 

とは言っても、写真が消えてしまったことに気が付いた後は、iphoneをiTunesと同期させてはいけません。もし、同期してしまうと、バックアップファイルが更新されてしまうため、ファイルの復元が不可能になります。そこが一番の注意点になりますので、忘れないようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

その上で、写真データをスキャンし復元させるために必要なのが、Wondershareのiphone・iPad・iPadデータ復元ソフト「Dr.Fone for iOS」のようなiphone専用の写真復元ツールです。

 

このプログラムは、デバイススキャンもしくはiTunesのファイルを用いて、iphoneから消えた写真を復元させてくれるものです。このソフトの便利な点は、写真データのみならず、SNSや連絡先、電話帳、メモ、カレンダーなども消えた場合には復元させてくれるというところです。

 

このソフトには無料試用版がありますが、無料使用版では復元まではできません。ですから、復元するためには正規版をダウンロードします。

 

Iphone3GSやiphone4の場合は、「iOSデバイス」または「iTunesバックアップファイル」、iphone4S以降の機種に関しては「iTunesバックアップファイル」から写真データをスキャンして復元させます。

 

このように、消えてしまった写真を復元させるいくつか方法はあります。あきらめずに対処法を試してみましょう。